お知らせ・ブログ お知らせ
・ブログ

特別対談 社長×スタッフ

  • ホーム  >  
  • 特別対談 社長×スタッフ

Staff

福岡市東区を中心に、数多くの不動産売却を手掛けてきた2人だからこそ、伝えたい想いがあります。不動産売却に対する考え方や、売却を検討されているお客様に知っていただきたいことなどを、熱く語りつくしたスペシャル対談をぜひご覧ください。

「不動産を売却したい時」お客様はどんなところを気を付ければいいですか?

「不動産を売却したい時」お客様はどんなところを気を付ければいいですか?

社長:やっぱりネットで探すことが大事ですね。ほとんどの方が「不動産の売却」っていうのははじめての経験だと思いますので、色々な会社を知ることが大事だと思います。単純に効率的でもありますし、情報収集には必要だと思います。ネットで「こういうことが出来ます」「こういう経験があります」など強みと思われる部分を発信してるのって説得力ありますし。あと、友人からの紹介などで、伝わっていくのはいいですよね。信用できるので。お客様からしたら大事な資産ですので、やっぱり“人”ですよね。コンサルティングっていうわけじゃないんですけど、ただ売るって任せていただいて売るだけじゃなく、その先とか。売ったあとはどうする、とか。その方の、ちょっと人生に携わるといいますか。そういったところをサポートしてくれる不動産会社を選ぶことが必要です。どのような方向性を決めるっていうのも、やっぱりお客さんとのコミュニケーションっていうのが一番大事だと思います。そこの信頼性を結ばないと先は難しいと思うんですよね。なのでコミュニケーションをより取って、僕らのこともわかってもらったうえで……というところなんです。

「不動産を売却したい時」お客様はどんなところを気を付ければいいですか?

吉村:業者の見極め方ってすごく難しいと思います。だからこそネットで情報を事前に収集し、ある程度知識をつけることって大切だと思います。自分も社長と同じ意見で、「信用できる人かどうか」ってすごく大事だと思っていて、お客様にとって悪い条件などもちゃんと伝えるべきだと思うんです。そういう説明を意図的に隠してしまうのは絶対によくないですし、そんな人に大事な不動産を任せようと思わないと思うんですよね。

社長:本当にそう。不動産業者はプロなので、当然知識もありますし、進め方も知ってます。でもそれでマウントを取るように圧をかけて進めるのは絶対に間違っているので。

印象に残っているお客様を教えてください。

吉村:僕の場合はすごく印象的に残ってるのは「あなたに任せます」と言ってくださったお客様で、プレッシャーもありましたが、自分自身も勉強になりました。経験のない物件ということもありましたし、大事な資産である不動産を「任せる」という言葉をいただけたのは本当に嬉しかったです。

ニュースタイルが大事にされているものなんですか?

ニュースタイルが大事にされているものなんですか?

吉村:実は営業自体、個人的には得意なほうではないです(笑)。だからこそ、大事にしているのは、お客様のことを知ろうとすることには一番頭を使っています。信用していただくためには自分を知ってもらうことも必要だと思いますので、より自分のことを話して、安心してもらうように心がけています。やっぱり安い買い物ではないので、そのあたりを、まずはこういう人物ですよっていうのをわかっていただいくことが重要だと思います。ニュースタイルだからこそできるっていう意味では「マニュアル」じゃないところですかね。お客様の数だけ、物件の数だけ、想いや条件が本当に様々です。だから僕らは営業スタイルっていうのを「マニュアル化」できないと思っています。

社長:そうなんですよね、その人により合ったものを僕らで見つけていくといいますか。そこらへんは、正直長けている可能性はあります。ほかは、たぶん数字で追ったりとか、どうしても物件によっては、高いとかそういったところで決めたほうが会社的にはいい、とかっていうのはあると思うんですけど、僕らはどちらかというとその方を、親身になってよりつながっていく、を目指すといいますか。そこから広がっていくというところですよね。二人三脚というイメージです。ですので、お金とかはあとでついてくるっていう感じだと思っていて、より人を大切に。関係性を大切にしています。簡単に言えば気持ちの部分になるんだと思いますが、でも本当にそこを一番大切にしています。

吉村:当たり前の部分にはなりますが、僕らは物件を「お預かりしている」と考えています。大げさかもしれませんが、自分のもののようにというか。愛するというか(笑)。だからこそ室内環境だったりもしっかり整えて、準備しなきゃいけないと思います、購入される方にその物件のその魅力を最大限伝えることが使命だと思っています。

社長、吉村さんはご自身のことやお互いのことをどういう人だと思ってらっしゃいますか?

社長、吉村さんはご自身のことやお互いのことをどういう人だと思ってらっしゃいますか?

社長:う-ん、自分で自分のことを説明するのは難しいですね。あえて言うなら正直なところですかね。客観的に自分を見たときに「営業マン?」って思う時あります(笑)実際にお客様に言われたことあります。不動産屋っぽくないって(笑)。だから結構今でも売却のお手伝いをさせていただいたお客様とつながりがあったりします。家族同士の付き合いとか。食事とかもしますね。

吉村:そういうの凄いです、本当に尊敬しています。

社長:有り難う(笑)僕も吉村くんのこと尊敬していますよ!

吉村:有り難うございます(笑)個人的にゴリゴリの営業っていうのが苦手で。お客様のことを考えた時に良い印象じゃないんじゃないかって思ってしまうんですよね。自分が嫌なことは単純に相手にしたくないのもあります。だけど自分自身それでいいと思っているわけではなくて、不動産屋として、ちゃんと信頼してもらえるように時にはしっかり提案をさせていただくべきだと思いますので、良いところは取り入れていきたいですね。

社長、吉村さんはご自身のことやお互いのことをどういう人だと思ってらっしゃいますか?

社長:吉村くんは本当に落ち着いてるし、勉強家だし、細かいところにすごく気が利きます。いい意味でだれに対しても丁寧で変わらないというか。前は、もうなんですかね。こうあるべきだっていう感じがちょっと強かった部分はありました、こういう時はこうしないといけない、ああしないといけない、とか。それがだんだんやわらかくなってきて、だから今はけっこう頼ってくるお客さんも多くなってきてますね。事務的な処理も本当に細かく丁寧に対応してくれるのですごく信頼しています。自分と吉村くんのバランスを客観的に見た時、たぶんすごくバランスがいいと思います。

吉村:僕から見た社長は…何というか、楽しそうです。人が集まってくるというか。そういう雰囲気を持った人で、お客様との話し方とか、すごく勉強になって、気づいたら仲良くなってるのでびっくりしますね。とにかく相手の方が「楽しんでる」というのがよくわかります。なんか友人と接しているようなイメージです(笑)。

社長:僕らは二人三脚で、という感じかもしれないですね。